我が家の愛娘「梅」と「ダリア」の常に前向きな態度と鼻を紹介しちゃいます。

 

傷ついた梅さん。

この寒空の下で鳴き続き、扉越しにじっと見つめられたら・・・

 私に見つけてもらうまで 毎日通い続けてるし。

 いえ 私は ちゃんと 見つけてるのよ。 分かってるんだって!!

そりゃ 可愛いいと思うけど★    でも 無理無理。  ムリなんだって!

 まけたわ。

旦那さんの 朝の食パンを、あげてみよう♪

 んまっ!! むしり取って逃げたではないか! 桃、梅さん、ダリアちゃんの ゆったりしたスペース

に すっかり慣れている私は 可愛くねっ!と ぼやいた。

 当然 毎朝 私が起きる時間にあわせて お待ちかねである。

ブルドッグは まだ起きる時間ではなくて この現状は彼女達に見つかると、大騒ぎになりそうだ。

 こともあろうに 子猫が いつの間にか兄弟までも連れて来ているではないか!

そして。。。

 とうとう 私が帰宅する時間も把握され 

 そして。。。

彼女達に 見つかってしまったのだ。

 梅さん:  『ん? ちょっと見ない顔ね なんなの? 挨拶は? はぁ?』

     という感じで まくしたてている。

 ダリアちゃん:  『まぁ いいじゃん そんなにいわなくても 遊ぼう★よ』

     という感じで 鼻を鳴らしている。

 子猫のボス: 『でた!! なに? はぁ? いたわけ? しかも うるさい

                 落ち着いたら? や~ね★ ふんっ』

     と いう感じで シャーッ とやっている。

  そして、Ohooo~~ さすが 猫だ 気が強い。 受けて立とうとして (だけど) ちょっとだけ

 家の中に 入って来た。

 梅さん: 『なに?あんた やるの?』 と みるみる 目が充血して 鼻水まで出している。

    (なぜ 鼻水なんだろう?)

 ダリアちゃん: と~くで 『やめようよ!』

 桃: 『はぁ~うるさい』

 子猫のボス:『 ふん! ブサイク!

   と言って 去っていった・・・・。

全ての 発端は 私である。

    ごめんね 梅さん 傷ついてるだろうね。

 

コメントをどうぞ